とりあえず食べておこう!ハワイのローカルフード!

ハワイに来たら、これだけは押さえておこうよって言うハワイの食べ物を紹介します。いわゆる地元が作り出したローカルフードです。

 アヒポキ

「アヒ」は、ハワイ語で「マグロ」。「ポキ」は、「切り身」。アヒポキは、日本風に言うと漬けマグロ。マグロが四角くカットされていて、お醤油などであえてあります。定番は、醤油だけど、オイスターソース、海藻や玉ねぎと混ざっていたり、わさびも人気です。スーバーの魚コーナにもあるし、ワイキキでは、アイランドビンテージコーヒーのポキ丼がとっても美味しいですよ。でも、地元で人気なポキ丼は、カパフル通りにあるオノシーフード!「オノ」は、ハワイ語で「おいしい」っていう意味。新鮮でとっても柔らかくて、つるっと食べちゃいます。とっても小さいお店なので見逃さないようにー。

 ハワイの伝統食

ハワイアンフードのレストランと言えば、ワイキキから近いオノハワイアンフード(ここでも「オノ」:)が有名ですが、今日は、ローカルに人気の店、ヘレナズハワイアンフードを紹介します。これぞ本当のローカルの味!昔々からあるお店です。

店構えは、ぼろい感じ(笑)

定番ラウラウ(葉っぱに包んで蒸した豚肉)ロミサーモン(写真右:サーモンと玉ねぎ) ピピカウラ(写真左:牛肉の塩漬け)食べてみてくださいね!ここ、「木梨目線」で紹介されてましたー。ワイキキからは、ちょっと遠いので、ホテルか地元の人によく聞いて行ってくださいね。

 

ふりかけアヒ

ふりかけアヒとは、その名の通りアヒ(マグロ)にふりかけをかけて焼いたものです。これっ、日本の文化とハワイの文化の融合!って感じですね。「ふりかけアヒ、レアで」って頼むと、中は生で外側に火が通っているなんとも素敵なディッシュがでてきます。このふりかけアヒが美味しいお店。ワイキキから近いところでは、パイオニアサルーン(モンサラット通り)

そして、レンタカーがある方は、ニコス(空港の手前/Pier38)がおすすめです。

 

 

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pinterest

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

×

Cart