ハワイアンが愛して止まないスイーツ「マラサダ」の噂のお店に行ってきました

マラサダと言えば、ハワイの人たちが愛してやまないスイーツの一つです!今やハワイにはなくてはならないものになっていますが、実は、マラサダは、ポルトガルがルーツなんですよ。知ってましたか?「マラサダ」はポルトガル語で「ぶさいく」って意味なんですって(笑)マラサダと言えば、老舗の「レナーズ」が有名ですが、創業者のレナーズさんが、ポルトガル系3世としてハワイで生まれ、おじいちゃん、おばあちゃんの故郷であるポルトガルのおやつマラサダを作って販売したのがきっかけだそうです。
なんですが…..
今日は「レナーズ」ではなく、カイムキ地区になる「パイプライン」(PipeLine Bakeshop & Creamery)にドルフィン&ユーのB級グルメ隊のメンバーが行ってきました。ここは、今年の9月にオープンしたマラサダと手作りアイスクリームのお店です。
pipelone7
このお店、ドルフィン&ユーと同じ、ティールカラー(ミントグリーン)がショップカラーのようです。店内には、座って食べられるテーブルもありますよ。
pipeline4
マラサダはオーダーしてから揚げてくれるので、周りがサクサク中フワフワでっす❤︎
美味し〜い!
pipeline6
実は、このお店、その老舗「レナーズ」の元ビジネスディレクターがオープンしたお店なんだそうです。訳ありな感じですが……美味しいのは当たり前ですね。
そして、手作りアイスクリーム❤︎これがまた美味しいんです。
全種類たべてみたい….
pipeline1
チョコレート❤︎ ストロベリーもオススメ
手作り感満載です
pipeline2
他にも美味しいスイーツがありますよ。
インスタグラムから他の写真もみてくださいね
カイムキ地区がどんどんおしゃれになっていきますね。
「PipeLine Bakeshop & Creamery」は、3632 Waianae Aveです。月曜日と火曜日がお休みです。

コメントを残す

×
×

Cart