南国ハワイも季節があります。現地の気候を理解して快適な旅行プランを!

南国ハワイも季節があります。現地の気候を理解して快適な旅行プランを!

アロハ〜、スタッフのゆいです。

ハワイは常夏!いつでも同じ温度でいつでも晴天と思っている人も少なくないと思います。

でも、ハワイにも季節があります。日本のようにはっきりと春・夏・秋・冬と分かれているわけではありませんが、ハワイの人たちは、大きく夏と冬(または、乾季と雨季)と呼んでいます。

今日は、そんなハワイの気候について書きます。

ハワイの季節は夏と冬

ハワイの夏は、5月〜10月くらいの期間を言います。基本的に、温度は30度前後です。この時期は、比較的ドライな乾季となります。

冬は、11月〜4月で、基本は、25度前後。この時期は、雨が多くなります。でも、日本のようにずっと降り続くことは稀で、短時間にサーっと降る感じです。この時期は、この短い雨と太陽が、あちらこちで虹を作り出し、毎日のようにどこかで虹が見られたりします。なので、ハワイはレンボーアイランドと呼ばれ、車のプレートが虹なんですね。

ハワイは暑くてもカラッとしていて過ごしやすいと言われていますが、基本的に北東から吹いてくるトレードウィンド(貿易風)が冷たい空気を運んでくるので、涼やかな風を感じることができるからです。ただ、時々、南からコナウィンドが吹くこともあり、そうなると蒸し暑くなったりします。このとき、悩まされるのが、風に乗ってハワイ島からのボグ(ボルケーノ・スモッグの略/火山ガス)です。ひどい時は、太陽がはっきり見えなくなります。また、このボグにより頭が痛くなったり、アレルギーが悪化する人もいます。この時期は、アレルギー体質の人は、マスクをつけるなど気をつけた方がいいかもです。

貿易風が山にあたり、よく雨を降らせます。なので、山の近くはいつも雨が多く、たくさんの豊かな自然を作り出してくれます。比較的雨が多いのは、島の北東で、西南は、晴れていることが多いです。ドルフィン&ユーがツアーを行なっているのは島の西側なので、ワイキキが雨でも、西側は晴れていることがため、ツアーをキャンセルする確率がすごく少ないんです。

ハワイでは、冬も夏も日中の日差しは、とても強いので、油断禁物。日焼け止めは、マストです。特にビーチ沿いでは、照り返しがありますから、温度も日差しの強さもアップします。逆に冬は、日没後、涼しくなり長袖が必要だったりします。

また、6月から11月にかけては、ハリケーンも来たりしますので、その時のために色々な遊び方を考えていた方がいいかもしれません。

こんな風にハワイの小さな島々では、少し気候の変化があります。ハワイ島のマウナケア山頂では雪が降ることもあります。それでも断然ハワイは過ごしやすくリゾート地としても世界レベル!楽しんでくださいね。

気候とは別に、ハワイ(アメリカ)では、すごく冷房を効かせているところが多く、寒い場合が多いので、軽く羽織れる上着か小さくたためるストールを持ち歩いていると便利です。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pinterest

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

×

Cart