ラニカイビーチの光を浴びたパワーストーンの身に着け方

さて、今日のお題は「パワーストーン」です。
ドルフィン&ユーのオフィスがあるワツムルビル(ワイキキDFSの裏手です)は、なんだか冴えない感じのビルなんですが、実は、人気のお店がたくさん入っていたりするんです。アロハストリートでワツムツビル特集ができたくらいです(笑)そんなオハナ(ハワイ語で「家族」)グループのお店を紹介します。
ドルフィン&ユーオフィスの隣「LALA Power Stone」です。
ここには、天然石が約600種類もあるそうです。最近イルカのビーズが入荷したというので、見に行ってみましたー。
あっ、あった!これです。かわいい!
1
そして、このビーズを使った作ったブレスレットがこちらです。LaLaでは、お客様のご希望に合わせて石を選び、自分だけのオリジナルを作ってもらえます。大切な人へのプレゼントにもグッドですね!クジラのしっぽもかわいい。
2
ここの石は、全部、オアフ島の東側のラニカイビーチで太陽の光にあてて浄化しているそうです。「ラニカイ」は、ハワイ語で「天国の海」。その名の通り、ここは、まさに天国みたいにきれな場所なんです。
img_5287
ここで光を浴びた石たち、パワフルそう…….自分だけのオリジナルを作って、いつも身に付けていれば、気分もハッピーになれそうですね!
5
では、ちょっとパワーストーンのお話。自然の中から産出される天然石は、地球上に4000種類もあるそうです。そして、これらの石たちは、自然界の神秘的なパワーが宿っていることから「パワーストーン」と呼ばれているそうです。知っている人もたくさんいると思いますが、それぞれの石にいろいろな意味があります。
例えば、恋愛成就には、ピンク色のローズクウォーツ、平和な気持ちになるムーンストーンなどなど。
これらの天然石は、持ち主の感情やストレス、に影響されるそうです。時々、休ませてあげないと、本来持っている力が弱まってしまうのだそうです。LaLaではそんな石の浄化方法も教えてくれます。
天然石ってデリケートなんですね。
では、おまけに、ドルフィン&ユーの風水師(?笑)から教わった、簡単な浄化の方法を紹介します。2週間に一回くらい、ストーンをコップに入れて、水道の水を細く出したまま5分くらい置いておきます。そのあとは、拭き取らず乾かしてください。これで、石もスッキリ!

コメントを残す

×
×

Cart